土木作業ってどんな仕事?

建設の仕事というと、「土木作業」を思い浮かべる人も多いはずです。

しかしながら、土木作業とは具体的にどのような仕事なのか…、はっきりと理解している方も実際は少ないのではないでしょうか?

土木作業とは、工事現場で力仕事をしたり、重機を運転する仕事を指します。

建設の仕事の経験がまだ浅いうちには力仕事を行うのが主になり、経験を積んで免許を取得すると、徐々に重機の運転等も行うようになります。

更に経験を積めば、いわゆる「現場監督」として建設工事全体を統括するようになり、そこまでいくと力仕事は少なくなり、逆にデスクワークの比率が高くなります。

さて、そんな土木作業の求人ですが、当然ながら土木工事は日本中で行われているので、田舎だろうと都会だろうと、非常に多くの求人案件を見つけられるかと思います。

但し、よく言うスーパーゼネコンのような会社の求人はあまりありません。

実際の求人は準大手以下、中小~零細企業の案件がほとんどだと思います。

とはいえ、建設の求人で大手が狙える数少ない業種とも言えるので、建設の世界で安定した収入を得たいということであれば、土木作業の求人は非常に狙い目と言えるでしょう。

準大手のゼネコンの場合、将来的な現場監督候補として、多くの土木作業員を募集しているケースが決して少なくないようです。

但し、土木作業の仕事は景気に強く影響をうけるため、公共工事が減ると、仕事自体も減る傾向にあるので、その点は注意が必要です。

配管工ってどんな仕事?

建設の仕事というと、現場で何かを作る仕事を思い浮かべると思います。

でも中には…、別段何かを作るわけでもない建設の仕事もあります。

例えば「配管工」は、建物の中の配管をすることが仕事になります。

配管は予め製造されているものを使うため、別段何かを作るわけではありません。

とはいえ、配管と一口に言っても、給水管、排水管、ガス管、空調設備や衛生設備など、実に様々な配管が有り、それぞれを適切に施工するには、当然ながら高い技術と経験が求められます。

また、洗面台やエアコン等を取り付けるのも配管工の仕事です。

関連リンク⇒配管工とは

洗面台、キッチン、トイレ等は仕上がりが人目に分かるものですから、慎重な取り扱いと精密な施工が求められます。

こういった配管工の仕事は、建設に置いては不可欠な仕事であり、それゆえ、日本全国あらゆる場所で求人されています。

配管の仕事は建物を建てればそれで終わりというわけでもなく、その後もメンテナンスを常に行う必要もあり、都会や田舎など場所も選ばず、広く求人案件はあるかと思います。

配管工の求人は中小企業が募集しているケースが多く、待遇や福利厚生に関しては会社によって大きく異なるので注意が必要です。

とりわけ個人事業主等の零細企業の場合は、保険未加入だったり、労働基準法に違反しているケースもあるようですから、応募の際は、なるべくその企業の事をよく調べてからにした方が良いでしょう。

できることなら、知り合いや近所に評判を聞くなど、可能な限りの情報収集を事前にしておくことをオススメします。

左官ってどんな仕事?

建設の求人というと、人によって思い浮かべる業種も様々だと思います。

身近なところだと、鳶職、大工、配管、左官なんて有名でしょう。

ここでは、左官の建設求人について、ちょっと詳しく見てみたいと思います。

左官というと…、やっぱり「塗り壁」ですよね。

「塗り壁」には非常に高い技術が求められ、それこそ一流の左官職人の塗り壁作業はまさに芸術品!

経験とセンスがモノを言う仕事といえるでしょう…。

とはいえ、左官の仕事は何も塗り壁だけではありません。

タイル貼り、レンガやブロック積み、コンクリート床仕上げも左官のしごとです。

むしろ、近年では塗り壁よりもこれらの仕事のほうが一般的なのかもしれません。

どちらにせよ、左官の仕事は人目につく場所の仕事ですから、美しい仕上げと精度が求められる、非常に難易度の高い仕事です。

とりわけ塗り天井の難しさは左官職人の経験と技術力の凄さを感じさせます。

さて、左官の求人に関してですが、基本的には都会でも田舎でも日本全国おしなべて広く求人があります。

建設の求人という意味では、非常に求人数が多い職業といえるでしょう。

しかしながら、会社の規模によって待遇も仕事内容も大きく異なるので注意が必要です。

大きな会社であれば福利厚生なども期待できると思いますが、個人事業主の場合には好待遇はあまり期待できないので注意しましょう。

左官の求人に応募する際には、応募先を見極める事が不可欠になります。

面接などで疑問に思う点があれば、しっかりと質問するようにしましょう。